商品カテゴリー


ご注文にあたり


ブログ カレンダー
« « 2016 2月 » »
31 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 1 2 3 4 5


最新のコメント


カテゴリ一覧


ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失



ブログ - 201602のエントリ

一斉芝焼き:野火

カテゴリ : 
暮らし
執筆 : 
akira 2016-2-19 14:50
 


野火
この地域では毎年1月の末、田んぼの畦などの枯れ草を燃やす野焼きが一斉に実施される。
一帯は煙につつまれる。河原の土手も燃やされるので、枯れ草に隠れて見えなかった空き缶空き瓶、その他不法投棄された不燃物などもついでに現れてくる。壮観である。こうしたゴミに加えビニル袋やペットボトルなどもひとたび川が増水すれば綺麗さっぱり押し流し海はゴミで溢れかえる。
だいぶ前になるが紀ノ川(吉野川)に鮎釣りに出かけたときフェリーで行ったので海側から河口をみる事が出来た。少し前に台風の余波の大雨があって河口は茶色く濁っていた。乗っていた船はゴミを押しのけゴミの中を港に着いた。物凄い量のゴミである。世界中で川と海がつながっている限りこの光景は同じだろう。増水のあとには河川敷の両側の雑草に白いプラスチック袋の花が咲く。こうして文明が生み出した自然に還れないないゴミはたまり続ける。核のゴミもだ!海の汚染は未来永劫続くのである。

野火あとの 芥が晒す 文明を
 子等に背負わす 罪の重たき

自分に出来る事は散歩のついでにゴミを拾う事しかないのだが…。
松下竜一の「どろんこサブウ」を思い返した。

蜘蛛の巣と四方編みの花かご二つ

カテゴリ : 
竹編み
執筆 : 
akira 2016-2-12 14:50
 
左が四方編みで3本網代、右が蜘蛛の巣の3本網代、両方とも途中が生子編み
大きさ高さ30cmぐらいで直径が9〜10cmで足つき。
小さくても時間は同じだけかかる。手が入りにくい分いやらしい。
編み竹は50センチほど欲しい。なかなか無い。
反省は編み竹の巾が3,8mmあったがこの大きさだと広すぎる。3mmぐらいで本数を増やした方があらが目立たない様だ。もちろん3で割り切れる本数。
小さなものでも奥は深い。反省ばかりだ。

 

 

 

小さめの革花のブローチ作ってみました。

カテゴリ : 
暮らし
執筆 : 
akira 2016-2-11 16:20
 

久しぶりにブローチ作ってみました。
大きさ5cmから6cmです。
小さめですが良い感じに仕上がりました。
お友達へのプレゼントなどに良さそうです。

 


アーカイブ


blog ranking

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 囲炉裏暮らしへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ