商品カテゴリー


ご注文にあたり


ブログ カレンダー
« « 2018 12月 » »
25 26 27 28 29 30 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 1 2 3 4 5


最新のコメント


カテゴリ一覧


ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失



ブログ - 最新エントリー

四つ目底の手つき花かご

カテゴリ : 
竹編み
執筆 : 
akira 2016-9-3 10:40
 

四つ目底の花かご作ってみました。
四つ目の底から立ち竹に1-1で編み竹を回していくだけの単純な篭ですが
編み進めていくとどんどん細くなっていってしまいます。
ふっくらとした形になかなかなりません。

中に何かを入れた状態で編むしかないのかもしれません。

ひまわりが咲きました。

カテゴリ : 
暮らし
執筆 : 
akira 2016-8-6 15:40
 

最近あちこちで休耕田の活用の一環でひまわりを咲かせるイベントがあります。この地域でも取り組まれています。

JR烏山線の沿線でもあるので休日には撮り鉄が大勢きてにぎわいます。
貴重な田んぼの活用のあり方にはいろいろ議論もあるようですがきれいです。
2週間程度が見頃でしょう。

 

 

柾割のヒゴ作り道具

カテゴリ : 
竹編み
執筆 : 
akira 2016-8-3 10:10
 

よく知られている柾割りのヒゴ作り道具です。
皮側は削らないためフランジ付きのベアリングにしてます。
ヒゴの巾よりわずかに厚く割った竹を通して均一に仕上げるときに使ってます。
なれると重宝です。

ヒゴはこの後4本に割って厚みを仕上げます。板割りに比べ仕上げに手間がかかるのであまり好きではありません。

ご参考まで。

蝉に聞いてみっか!

カテゴリ : 
暮らし
執筆 : 
akira 2016-7-23 16:10
 

このところ蝉の羽化が続いている。
蝉は地中で7年過ごした後地上にでて7日ほどで一生を終えるとのこと。
様々な生き物の不思議な生態は気の遠くなる年月の進化の結果だと知ってはいても蝉はなぜこのような生態をとるようになったのだろうか?

それにしても宇宙時間の中では、人間の一生など線香花火の瞬き程度でしかないにもかかわらず大切に生きるどころか命をすり減らし、争い、殺し合うのはなぜか?答えは一つしかない、人間だからだ。

蝉はどう思う?

黒竹で花かご!ベランスの難しい篭でした。

カテゴリ : 
竹編み
執筆 : 
akira 2016-6-29 16:50
 

知り合いの喫茶店に飾ってあった篭です。
黒竹で作ってみました。
見た目には簡単そうに見えてなかなか難しい篭でした。

 

 

編み方の参考になればと思いUPしました。

夏向きに!茶托作ってみました。

カテゴリ : 
竹編み
執筆 : 
akira 2016-6-23 9:50
 
夏向きの茶托を作ってみました。お土産品のコピーです。

材料は 3.7mm *0.7mmの二枚割 45cmほど12本
仕上がりは10cmぐらいです。
はじめは六つ目

 

最初の2本

 

裏側 


何でも簡単にはいきませんね!
はじめに考えて人に脱帽です。
 

大分の竹の紹介記事に載っていたバスケットを作ってみました。
大きさ 27X18x16cm
現物がないので苦労しましたが何とかなりました。

初めて考えた方に脱帽です。

 

一輪挿しにセージ

カテゴリ : 
竹編み
執筆 : 
akira 2016-5-18 9:10
 

ガラスの小鉢のまわりに麻の葉くずしの篭を回して、一輪挿しにしてみました。交色にしてみました。大きさは6cmぐらいです。

主観ですが何となく色気があって気に入ってます。笑…

ガラスの小鉢は外れますので洗えます。

花は庭に咲いてるセージです。これからが盛りです。

 

 

蓋付きの六つ目かご

カテゴリ : 
竹編み
執筆 : 
akira 2016-5-10 15:40
 

六つ目の単純な籠に同じ六つ目で編んだ蓋をつけてみました。
大きさ20cm 深さ8cmほど。

つなぎにたが編みでの円い輪(指輪状)を作りつないでみました。

なかなか評判が良いのでUPしてみました。

単純な割りに蓋が難しい。何でも挑戦です。

 

鉄線編みから直接網代への立ち上げ花籠

カテゴリ : 
Sample
執筆 : 
akira 2016-4-11 16:30
 

底を鉄線で編みそのまま網代で立ち上げる花籠を作ってみた。
鉄線のまま立ち上げるのはいくつかやったがそのまま網代に立ち上げるのは初めて。
底編みは18本×24本×24本の2本編み
この編み方だと網代の締め具合が難しい。したがって思ったような形にするのはなかなか大変。
何でも経験が必要。

頑張りましょう!

 


アーカイブ


blog ranking

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 囲炉裏暮らしへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ